会計ソフト経理・法律に関する情報税理士 田中先生のワンポイントアドバイス

社長の車の借り上げ

掲載日2011年1月11日

社長個人が所有している自動車を会社で利用することはよくあります。この場合に、一時的な短期の利用で、車両返却時にガソリン代を精算、といった程度なら特に問題となることはないでしょう。注意しなければいけないのは、継続的な長期の利用、つまり車両の借り上げを行う場合です。レンタカーを借りると高いからと、社長の車を借り上げて使用料を支払えば、社長個人の方で雑所得などが生じる可能性があります。

こうしたケースでは確定申告が必要となることが多いのに、申告を忘れている方は実に多いのです。後日税務署から申告漏れを指摘されることのないように、社長(従業員も同じ)の車の借り上げには注意をしましょう。

税理士田中先生のワンポイントアドバイス
(経理・法律に関する情報)

「税務署からのお尋ね」への対応

(2016年12月6日掲載)

ご存知ですか?この情報
(経理・法律に関する情報)

社長と会社の間での資金貸借に注意
固定資産の評価損の取り扱い

(2016年12月1日掲載)

ページの先頭へ