会計ソフト経理・法律に関する情報税理士 田中先生のワンポイントアドバイス

青色申告は期限内に

掲載日2011年2月8日

青色申告者でも確定申告期限を過ぎて申告(「期限後申告」という)をされる方がいます。期限後申告となってしまうと、青色申告者に与えられた最大の特典とも言える65万円の青色申告特別控除を受けることができなくなります。

仮に期限後に貸借対照表を添付し、65万円の青色申告特別控除を適用した確定申告書を提出したなら、後日所轄税務署から期限後申告なので65万円の青色申告特別控除は認められません、青色申告特別控除は10万円になります、との連絡がくるはずです。

また、税金の延納を希望される方は多いのですが、延納が認められるためには、3月15日の申告期限までに確定申告書を提出し、かつその申告書に延納の金額を記載していることが要件とされています。後日後悔することがないように注意してください。

税理士田中先生のワンポイントアドバイス
(経理・法律に関する情報)

「税務署からのお尋ね」への対応

(2016年12月6日掲載)

ご存知ですか?この情報
(経理・法律に関する情報)

社長と会社の間での資金貸借に注意
固定資産の評価損の取り扱い

(2016年12月1日掲載)

ページの先頭へ