会計ソフト経理・法律に関する情報税理士 田中先生のワンポイントアドバイス

申告漏れの多い償却資産(税)

掲載日2017年9月12日

法人や個人で事業を行っている方で事業のために使用している減価償却の対象資産のうち、その取得価額が一定金額以上のものについては、償却資産となります。

償却資産の申告では以下の資産も償却資産として申告しなければいけないのですが、申告漏れが多いようです。

  • 建設仮勘定で処理されている資産、簿外資産及び償却済資産であっても、1月1日現在で事業用に供することができる場合
  • 遊休又は未稼働の資産であっても、1月1日現在で事業用に供することが出来る状態にある場合
  • 耐用年数が1年未満又は取得価額が10万円未満の資産であっても、有形固定資産として計上し、減価償却している場合

税理士田中先生のワンポイントアドバイス
(経理・法律に関する情報)

日本の事業承継税制は厳しすぎるのか?

(2017年11月14日掲載)

ご存知ですか?この情報
(経理・法律に関する情報)

「所得控除」から「税額控除」へ?
「出国税」の創設

(2017年10月31日掲載)

ページの先頭へ