会計ソフト経理・法律に関する情報経営者のための「会社法」

基本は定款自治

会社法の大きな特徴のひとつが定款自治です。大企業か公開会社かの区分で選択できる範囲に制約はありますが、定款という会社の憲法で、組織やルールを決めて運営できます。

会社の意思決定の機関の設計、発行する株式の種類、重要事項の決定方法、手続の省略など、基本的なルールを決められます。

ルールには2つの種類があります。

  • 絶対に決めなければいけないルール
  • 自由に決められるけれど、定款に記載しておかないと有効にならないルール

です。

会社法では、中小企業の実態に合わせ、自由度が高く、機動的な運営ができるようになりましたが、定款に記載することが要件となるルールがたくさんあります。自社で取り入れたい項目は、専門家に相談し、定款の見直を含めてご検討されることをお勧めします。

税理士田中先生のワンポイントアドバイス
(経理・法律に関する情報)

「税務署からのお尋ね」への対応

(2016年12月6日掲載)

ご存知ですか?この情報
(経理・法律に関する情報)

社長と会社の間での資金貸借に注意
固定資産の評価損の取り扱い

(2016年12月1日掲載)

ページの先頭へ