会計ソフト経理・法律に関する情報決算のためのポイント解説

株主総会で決算承認(有限会社は社員総会)

取締役会は業務に関することを決定し、会社の重要事項については、別途株主の集まりである株主総会で決定をする、とされています。例えば、決算で確定した利益の処分に関する議案の承認、会社の基本事項を定めた定款の変更や取締役・監査役の選任などがこれに該当し、その他株主総会で決定しなければならない事項は法律で決められています。

決算書類に関しては取締役会で原案を作成し、株主総会でその承認を受けます。

株主総会は、株主を構成員とする会社の最高意志決定機関であり、有限会社では社員総会がこれに該当します。株主総会は商法の規定に従い適法に開催することに注意して下さい。適法な開催でなければ、その株主総会自体が無効とされてしまう恐れもあるのです。

株主総会のうち、毎決算期に1回開催される株主総会のことを、特に「定時株主総会」と呼びここでは株主が決算書の承認を行います。また、必要に応じて開催される株主総会は「臨時株主総会」と呼ばれ、両者は区別されます。

税理士田中先生のワンポイントアドバイス
(経理・法律に関する情報)

「税務署からのお尋ね」への対応

(2016年12月6日掲載)

ご存知ですか?この情報
(経理・法律に関する情報)

社長と会社の間での資金貸借に注意
固定資産の評価損の取り扱い

(2016年12月1日掲載)

ページの先頭へ