会計ソフトよくある質問と回答

製品や体験版をアンインストール(プログラムを削除)する方法は?

回答

ご利用のOS別に以下の操作でアンインストールすることができます。
作成したデータを別のパソコンで利用する場合は、アンインストール前に、データのバックアップを作成してください。

ここで説明する以外の方法では、プログラムを正しくアンインストール(削除)することができませんのでご注意ください。

Windows 10

  1. 「わくわく財務会計」または「らんらん財務会計」が起動している場合はソフトを終了します。
  2. [スタート]ボタンを右クリックし[コントロールパネル]を選択します。
    Windows 10|スタートボタンを右クリック
  3. [コントロールパネル]が表示されます。[プログラムのアンインストール]を選択します。
    [コントロールパネル]の表示方法を[大きいアイコン]または[小さいアイコン]にしている場合は、[プログラムと機能]を選択します。
  4. [プログラムと機能]が表示されます。アプリケーションの一覧からアンインストールするソフトを選択し、[アンインストール]または[アンインストールと変更]を選択します。
    Windows 10|プログラムのアンインストール
  5. [ウィザード]が起動します。指示に従ってアンインストールを行ってください。

Windows 8

  1. 「わくわく財務会計」または「らんらん財務会計」が起動している場合はソフトを終了します。
  2. Windows 8のデスクトップ画面を表示します。
  3. 画面の右下隅にマウスポインターを合わせて、表示されたチャームバーから[設定]を選択します。
    Windows 8|チャームバー
  4. [コントロールパネル]を選択します。
    Windows 8|設定−コントロールパネル
  5. [コントロールパネル]が表示されます。[プログラムのアンインストール]を選択します。
    [コントロールパネル]の表示方法を[大きいアイコン]または[小さいアイコン]にしている場合は、[プログラムと機能]を選択します。
  6. [プログラムと機能]が表示されます。アプリケーションの一覧からアンインストールするソフトを選択し、[アンインストール]または[アンインストールと変更]を選択します。
    Windows 8|プログラムのアンインストール
  7. [ウィザード]が起動します。指示に従ってアンインストールを行ってください。

Windows 7

  1. 「わくわく財務会計」または「らんらん財務会計」が起動している場合はソフトを終了します。
  2. Windows 7の[スタート]ボタンをクリックし、[コントロールパネル]を選択します。
  3. [コントロールパネル]が表示されます。[プログラムのアンインストール]を選択します。
    [コントロールパネル]の表示方法を[大きいアイコン]または[小さいアイコン]にしている場合は、[プログラムと機能]を選択します。
  4. [プログラムと機能]が表示されます。アプリケーションの一覧からアンインストールするソフトを選択し、[アンインストール]または[アンインストールと変更]を選択します。
    Windows 7|プログラムと機能
  5. ユーザー アカウント制御]が表示されます。[続行]をクリックします。
  6. [ウィザード]が起動します。指示に従ってアンインストールを行ってください。

Windows Vista

  1. 「わくわく財務会計」または「らんらん財務会計」が起動している場合はソフトを終了します。
  2. Windows Vistaの[スタート]ボタンをクリックし、[コントロールパネル]を選択します。
  3. [コントロールパネル]が表示されます。[プログラムのアンインストール]を選択します。
    [コントロールパネル]をクラッシク表示している場合は、[プログラムと機能]を選択します。
  4. [プログラムと機能]が表示されます。アプリケーションの一覧からアンインストールするソフトを選択し、 [アンインストール]または[アンインストールと変更]を選択します。
    Windows Vista|プログラムと機能
  5. [ユーザー アカウント制御]が表示されます。[続行]をクリックします。
  6. [ウィザード]が起動します。指示に従ってアンインストールを行ってください。

この情報は、お客様の疑問・問題解決のお役に立ちましたか?

はい。問題・疑問が解決しました。
解決しなかったが参考になりました。
いいえ。役に立ちませんでした。

税理士田中先生のワンポイントアドバイス
(経理・法律に関する情報)

「税務署からのお尋ね」への対応

(2016年12月6日掲載)

ご存知ですか?この情報
(経理・法律に関する情報)

社長と会社の間での資金貸借に注意
固定資産の評価損の取り扱い

(2016年12月1日掲載)

ページの先頭へ