会計ソフトよくある質問と回答

新しいパソコンや別のパソコンにデータを移動するには?

回答

パソコンの買い替えや不良などの理由により、「わくわく財務会計」を新たに別のパソコンで利用する必要が生じた場合には、以下の手順によりセットアップ及び会社データの移動を行います。

Step1.製品のインストール

新たに利用するパソコンに「わくわく財務会計」をインストールします。

製品のCD-ROMをお持ちの方

CD-ROMをセットして、インストールを行ってください。
インストールの手順についてはパッケージに同梱されている冊子をご参照ください。

ダウンロード販売によりライセンスキーを取得された方

ライセンスキーの取得時にダウンロードした体験版をインストール(注)して、ライセンスキーを入力してセットアップを行ってください。

(注)体験版のバージョンが異なるとセットアップすることができません。

Step2.アップデートパッチの有無の確認

インストールした製品が最新バージョンかどうかを以下の手順で確認します。

  1. 「わくわく財務会計」を起動します。
  2. メニューバーの[ヘルプ]−[Pyxis Webサイト]−[アップデート情報]を選択します。
    メニュー|アップデート情報
  3. ブラウザが起動し、「アップデート情報」のページが開きます。
    アップデートプログラムがある場合には、その旨が明示されます。ページに掲載されているアップデート手順に従って、ソフトのアップデートを行ってください。

Step3.データの移動

移動先のパソコンの準備が完了したのちに会社データを移動します。
移動方法としては、バックアップファイルを読み込む方法が最も安全でパソコンの諸々の知識を必要としない方法ですが、もともと利用していたパソコンの「わくわく財務会計」が起動しなくなったなどの理由によりバックアップファイルが作成できない場合には、ハードディスクに保存されている会社データを直接移動する方法があります。

移動先のパソコンにバックアップファイルを読み込む方法

バックアップファイルが準備されていない場合は、バックアップファイルを作成してください。

バックアップファイルの作成
  1. 移動元のパソコンを起動し、「バックアップ作成」画面を開きます。
  2. 移動する会社データをクリックして選択します。
    画面|バックアップファイル作成
  3. 会社データ(バックアップファイル)の保存先を指定します。
    保存先は、移動先のパソコンが接続可能なサーバーやパソコンのハードディスクやUSBメモリーなどにします。
    CD-Rをご利用の場合は、直接バックアップができませんので、一旦ハードディスクにバックアップを作成後、CD-Rに書き込み処理をしてください。
    画面|バックアップファイル作成−保存先の指定
  4. ユーザー名・パスワードを設定している場合は、ユーザー名の選択・パスワードの入力をします。
  5. [実行]ボタンをクリックします。
  6. バックアップ完了のメッセージが表示されたら、[OK]をクリックします。
  7. 「わくわく財務会計」を終了します。
バックアップファイルの読み込み
  1. 移動先のパソコンを起動し、「バックアップ読込」画面を開きます。
  2. [参照]ボタンでバックアップ読込み元を指定します。
    USBメモリーなどに保存している場合はパソコンにセットしてください。
  3. 読込み元の会社データ一覧で、バックアップした会社データが選択されていることを確認します。
    画面|バックアップファイル読込
  4. ユーザー名・パスワードを設定している場合は、ユーザー名の選択・パスワードの入力をします。
  5. [読込み]ボタンをクリックします。
  6. 読込み完了のメッセージが表示されたら、[OK]をクリックします。
  7. [会社データ開く]で読み込んだ会社データを開き、正しく読み込まれていることを確認します。

ハードディスクに保存されている会社データを直接移動する方法

「わくわく財務会計」の会社データのハードディスクへの保存先は、OSによって異なります。
会社データの保存先のフォルダーから会社データを移動先のパソコンにOS別に以下に示すフォルダーに移動してご利用ください。

会社データの保存先

Windowsの起動ディスクがC:の場合の例です。

会社データの保存先 C:\ProgramData\Pyxis\Database

上記フォルダーに「ファイル名.pyd」で保存されています。特殊な運用をしない限りは、ファイル名には会社名が表示されます。

上記のフォルダーは、通常は、隠しフォルダーの設定となっている場所です。「コンピュータ」でフォルダーを表示できない場合には、隠しフォルダーを表示する設定に変更する必要があります。

隠しフォルダーを表示する方法
■Windows 7 / Vista
  1. [スタート]ボタンをクリックし、[ドキュメント]をクリックし、[ドキュメント]画面を表示します。
  2. [整理]をクリックし[フォルダと検索のオプション]をクリックします。
    画面|ドキュメント
  3. [フォルダオプション]画面が表示されます。[表示]タブをクリックします。
  4. [詳細設定]の一覧の[ファイルとフォルダの表示]の下にある[すべてのファイルとフォルダを表示する]をクリックし[適用]ボタンをクリックします。
    画面|フォルダオプション
  5. [OK]ボタンをクリックし、[フォルダオプション]画面を閉じます。
■Windows 10 / 8
  1. デスクトップ画面で[エクスプローラ]を起動します。
    画面|Windows8デスクトップ
  2. [ライブラリ]画面が表示されます。[表示]メニューを選択し、[隠しファイル]にチェックをつけます。
    画面|エクスプローラ

Step4.移動元の「わくわく財務会計」をアンインストールする

Windowsの「コントロールパネル」の「プログラムのアンインストール(もしくはプログラムと機能)」を使って、「わくわく財務会計」のプログラムをアンインストール(削除)します。

詳しくは、「製品をアンインストール(プログラムを削除)する方法は?」をご参照ください。

注意

  • 会社データの削除は、データのバックアップおよび移動が完了してから行ってください。一度削除した会社データはバックアップなしには復元することができません。
  • アンインストールは、必ず「「コントロールパネルのプログラムと機能(Windows8の場合)」から行ってください。それ以外の方法では正しくプログラムが削除されません。

この情報は、お客様の疑問・問題解決のお役に立ちましたか?

はい。問題・疑問が解決しました。
解決しなかったが参考になりました。
いいえ。役に立ちませんでした。

税理士田中先生のワンポイントアドバイス
(経理・法律に関する情報)

少額短期保険と生命保険料控除

(2016年11月29日掲載)

ご存知ですか?この情報
(経理・法律に関する情報)

社長と会社の間での資金貸借に注意
固定資産の評価損の取り扱い

(2016年12月1日掲載)

ページの先頭へ