会計ソフトよくある質問と回答

「メインのコンピュータ(またはサーバー)との接続に失敗しました。再設定を行いますか?」と表示され起動しない(エラーコードは最新バージョンで表示されるのものです)。

回答

このエラーは、ネットワークのエラーです。もし、「わくわく財務会計2 プロフェッショナル」を1台でご利用であれば、Windowsの[スタート]メニューで[すべてのプログラム]→[わくわく財務会計2プロフェッショナル]→[実行環境の設定]を開き、「ネットワークを使用しない」をお選びください。これでスタンドアロン環境で正常に起動します。

万一「わくわく財務会計2 スタンダード」でこのエラーが表示された場合は、プログラムが正しくインストールされていない可能性があります。カスタマーセンターまでお問い合わせください。

「わくわく財務会計2 プロフェッショナル」のサブパソコン、または「らんらん財務会計2 エンタープライズ」のクライアントから、メインパソコンまたはサーバーに接続時にこのエラーが発生したときは、エラーコードで原因が判明する場合があります。下記に該当するエラーコードがあれば、その対処方法を実行してください。

エラーコード:fac=4 sys=2 code=1 ex=20

メインパソコン(またはサーバー)を再起動してください。

このエラーは、サーバーのサービスが起動していないときに発生します。メインパソコン(またはサーバー)を再起動してシステムを正常な状態してください。

エラーコード:fac=4 sys=2 code=1 ex=16

ファイアウォールの設定を確認してください。

ルーターのファイアウォール機能、またはファイアウォールソフトによって通信が遮断されています。

エラーコード:fac=4 sys=2 code=1 ex=11

ネットワーク上にメインパソコン(サーバー)が見つかりません。

原因として考えられるのは次のようなケースです。

  • 「実行環境の設定」で設定されているメイン(サーバー)名が誤っている。
    → [参照]ボタンをクリックして正しいコンピュータ名を設定してください。
  • メインパソコン(サーバー)の「実行環境の設定」で「ネットワークを使用しない」設定になっている。
    → 「ネットワークを使用する」に設定し正しいコンピュータ名を設定してください。
  • Windows ファイアウォールに遮断されている。
    → Windows ファイアウォールの[例外]タブを開き、「ファイルとプリンタの共有」にチェックがついている状態にしてください。

エラーコード:fac=4 sys=2 code=16 ex=3

サブパソコン(クライアント)側のポートが遮断されています。

ルーターのファイアウォール機能、またはファイアウォールソフトによってサブパソコン(クライアント)側のポートが遮断されています。ルーターまたはファイアウォールソフトの設定を確認してください。

エラーコード:fac=4 sys=2 code=21 ex=0

システム言語が日本語でない可能性があります。

システム言語を日本語にしてご利用ください。システム言語の設定方法は次のとおりです。

  1. Windowsのコントロールパネルの「地域と言語のオプション」を開きます。
  2. [言語]タブをクリックします。
  3. テキストサービスと入力言語の[詳細]をクリックします。
  4. 既定の言語を日本語にして[OK]を押します。
  5. [詳細設定]のUnicode対応でないプログラムの言語を日本語にします。
  6. [適用]をクリックします。
  7. [OK]をクリックします。
  8. Windowsを再起動します。

正しく日本語に設定されていても、このエラーが表示されることがあります。エラーが表示される場合は、次の操作をお試しください。

  1. システム言語をすべて「英語(米国)」に変更してPCを再起動します。
  2. システム言語を日本語に戻し再起動します。

※一旦、英語(米国)にして、再度、日本語(日本)に設定を戻すという操作です。

エラーコード:fac=4 sys=2 code=26 ex=0

データが破損している可能性があります。

下記のファイルを添付したメールに環境等をお書き添えの上、カスタマーセンターへお問い合わせください。

【フォルダ】(Windowsの起動ディスクがC:の場合)

C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Pyxis\Database

【ファイル名】

ERROR.LOG

【お書き添えいただく環境等】

ご利用の弊社製品名・バージョン、メイン・サブの各マシンのメーカ名・機種名・各搭載OS・OSのバージョン、ルータご利用の場合メーカ名・機種名、ご利用のファイアウォールソフト(搭載しているマシン毎に)

この情報は、お客様の疑問・問題解決のお役に立ちましたか?

はい。問題・疑問が解決しました。
解決しなかったが参考になりました。
いいえ。役に立ちませんでした。

税理士田中先生のワンポイントアドバイス
(経理・法律に関する情報)

少額短期保険と生命保険料控除

(2016年11月29日掲載)

ご存知ですか?この情報
(経理・法律に関する情報)

社長と会社の間での資金貸借に注意
固定資産の評価損の取り扱い

(2016年12月1日掲載)

ページの先頭へ