会計ソフトわくわく財務会計3・らんらん財務会計3機能紹介

法人と個人事業の経理に対応

法人と個人事業(一般用と不動産用)の経理に対応しています。

経理処理する組織が、「法人」か「個人(一般用または不動産用)」かをデータ区分で選択し、処理データを保管するファイル(「会社データ」といいます)を作成してから、経理処理を行います。

新規会社データ作成画面

会社データの作成後、選択されたデータ区分にあった処理のメニューと勘定科目が利用できます。勘定科目体系は「法人用」と「個人(一般用)」「個人(不動産所得用)」があらかじめ用意されています。そのまま利用することもできますし、貴社の科目体系に変更して利用することもできます。

会社データは複数作成することができます。法人の会計を処理するデータと個人事業の会計処理をするデータを管理することも可能です。

税理士田中先生のワンポイントアドバイス
(経理・法律に関する情報)

「税務署からのお尋ね」への対応

(2016年12月6日掲載)

ご存知ですか?この情報
(経理・法律に関する情報)

社長と会社の間での資金貸借に注意
固定資産の評価損の取り扱い

(2016年12月1日掲載)

ページの先頭へ