会計ソフトわくわく財務会計3・らんらん財務会計3機能紹介

連想科目機能について

連想科目機能は、入力されている相手科目から入力候補をリストアップします。画面例では、借方に登録された「水道光熱費」科目から入力候補として「普通預金」がリスト表示されています。

この連想科目機能は、自動学習機能により取引の登録から仕訳パターンを学習します。使えば使うほど入力候補の精度がアップします。

連想科目

[設定業務]の[連想科目辞書登録]であらかじめ設定してしまうこともできます。

税理士田中先生のワンポイントアドバイス
(経理・法律に関する情報)

電子商取引専門調査とは

(2017年10月17日掲載)

ご存知ですか?この情報
(経理・法律に関する情報)

税務署から郵送されてくる「資料せん」とは
不動産賃貸料の支払いと源泉徴収

(2017年9月29日掲載)

ページの先頭へ