会計ソフトわくわく財務会計3・らんらん財務会計3機能紹介

伝票ブラウザ(伝票参照)

入力した取引は、伝票ブラウザで伝票形式や仕訳帳形式で参照することができます。

入力伝票のチェック、承認までのフローも用意しています。組織の業務状況に合わせて利用が可能です。セキュリティ機能と合わせて利用すると、業務分担による効率的な運用が行えます。

クリック操作で、伝票(取引)をスイスイ参照できます。

入力した取引は、伝票形式や仕訳帳形式で参照できます。訂正操作もかんたんです。

伝票ブラウザ

1操作ナビ(集計/検索/連想ジャンプ)

クリック操作で、取引の検索や転記先の帳簿を参照できます。

2年、3年と継続して使用した場合には、会計期間を切り替えることで、前年以前のデータも参照できます。年に1度しか登録しない取引や前年の処理を参照できます。

2伝票の参照を支援する機能

取引の表示形式を伝票の形式にしたり、仕訳帳の形式にしたり、表示順序を伝票日付順にしたり、入力(日)順にしたり、参照しやすいようにクリック操作で表示状態を変更できます。

3伝票入力へ/伝票複写/伝票訂正/削除

伝票参照中でも、すぐに伝票入力や訂正や削除などの操作に切り替えることができます。

仕訳帳と伝票(振替伝票、入金伝票、出金伝票)を印刷できます。

伝票ブラウザ

チェック・承認機能

入力伝票のチェックや承認の機能を用意しています。業務のルールとして、チェックや承認のフローを組み込むことができます。

伝票ブラウザ

チェックは、[伝票チェック]や[チェック締切]機能を利用して、伝票承認は、伝票の承認欄をクリックして行えます。

チェックと承認の両機能を利用したり、承認の機能のみ利用したり、チェック機能のみを利用したり、まったく利用しなかったり、自由に選択できます。

税理士田中先生のワンポイントアドバイス
(経理・法律に関する情報)

「税務署からのお尋ね」への対応

(2016年12月6日掲載)

ご存知ですか?この情報
(経理・法律に関する情報)

社長と会社の間での資金貸借に注意
固定資産の評価損の取り扱い

(2016年12月1日掲載)

ページの先頭へ