会計ソフトわくわく財務会計3・らんらん財務会計3機能紹介

財務諸表

登録した取引が自動で転記、集計されます。現在の所得や取引の入力の状況を参照できます。

通常より金額が多い、少ないなど、おかしいと思われる数値を見つけた場合などは、元帳、伝票へと取引を追跡していくことができます。

貸借対照表、損益計算書、製造原価報告書を簡単に印刷できます。

Web感覚の操作性で財務諸表をスイスイ参照できます。

クリック操作で財務諸表をスイスイ参照できます。関連する帳票もサッと開くことができます。

財務諸表|クリック操作で、財務諸表をスイスイ参照できます。関連する帳票をサッと開くことができます。

1操作ナビ(会計期間/スマート参照)

クリック操作で、集計する期間(年次、四半期、月次)を変更したり関連する帳簿を参照したりできます。

2年、3年と継続して使用した場合には、会計年度を切り替えることで、前年以前のデータも参照できます。

2取引明細の参照を支援する機能

財務諸表の表示形式を変更したり、表示月(表示期間)を変更したりしながら、財務諸表を参照することができます。

取引が自動で転記・集計されます。財務諸表をサッと印刷できます。

伝票入力および帳簿入力で登録された取引が自動で転記、集計されます。貸借対照表、損益計算書、製造原価報告書(注)および試算表を印刷できます。

(注)製造原価報告書を印刷する場合には、作成する設定への変更が必要です。

財務諸表

月次比較や四半期比較などの比較資料を簡単に作成できます。

1ナビメニューの「比較財務諸表」や「前年対比財務諸表」の選択と、2操作ナビの期間(「年次集計」「四半期集計」「月次集計」)の切替(クリック)操作で、前年同月との月次比較や四半期比較、月次推移などの財務諸表を集計できます。

財務諸表

科目と摘要でオリジナルの集計表を作成できます。

摘要別の損益計算書や製造原価報告書を作成できます。

摘要縦横集計表

集計パターン 内容
摘要集計表(縦軸=科目 横軸=摘要)
摘要集計表(縦軸=摘要 横軸=科目)
摘要と科目(勘定科目、補助科目)を縦軸、横軸に配置することで、任意の集計表(例:社員別の経費集計)を作成することができます。
[元帳]で作成できる[摘要集計表]では、一つの科目における摘要の明細表としての集計ですが、[摘要縦横集計]では、プロジェクト別の「経費」や「販促関連の経費」など、一つの科目の枠を越えた支出額や収入額を集計表示することができます。
摘要損益計算書 摘要をキーにして損益計算書(経常損益までを集計)を作成できます。プロジェクト名や商品名、製品名などを摘要として登録しておくと、プロジェクト別、商品別、製品別の損益状況を確認することができます。
摘要製造原価報告書
(製造勘定を使用する設定になっている場合のみ)
摘要にプロジェクト名や製品名を登録しておくことでプロジェクト別、製品別の製造原価報告書を作成することができます。

税理士田中先生のワンポイントアドバイス
(経理・法律に関する情報)

「税務署からのお尋ね」への対応

(2016年12月6日掲載)

ご存知ですか?この情報
(経理・法律に関する情報)

社長と会社の間での資金貸借に注意
固定資産の評価損の取り扱い

(2016年12月1日掲載)

ページの先頭へ