[会計ソフト]操作・運用に関する情報 固定資産管理と減価償却の運用のポイント

基礎知識編−資本的支出(修理や改良)

資本的支出(修理や改良)

固定資産に対して、修理や改良を行った場合、修繕費になるケースと、資産として計上しなければいけないケースに分かれます。
修理や維持管理のために支払った支出部分は修繕費といい、その事業年度の費用で処理できます。
耐用年数が延びたり、価値が上がったりした支出部分を、資本的支出といい、資産に計上し、減価償却で費用化します。

しかし、両者を区別することは難しいケースが多いので、実務(税法対応)では次のような基準で判断します。

資本的支出チャート図

税理士田中先生のワンポイントアドバイス
(経理・法律に関する情報)

「税務署からのお尋ね」への対応

(2016年12月6日掲載)

ご存知ですか?この情報
(経理・法律に関する情報)

社長と会社の間での資金貸借に注意
固定資産の評価損の取り扱い

(2016年12月1日掲載)

ページの先頭へ