会計ソフトWindows 10/8.1/8/7/Vista 対応 経理一連の作業だけじゃない。経営分析で経営状況が把握できる!わくわく財務会計3

初心者の方も安心!
無料サポート付き
仕事力が
アップする!
  • 経理の一連の作業がかんたん!スムーズ!
  • 経営分析機能で経営状況が把握できる!
  • 経営状況の報告や経営資料の作成など仕事力がアップ!
  • 安心のサポート体制でアフターフォローも万全!

希望小売価格¥14,688(税込)
  • 平成28年11月29日「スクールパック」をの販売を開始いたしました。
  • 平成27年10月1日以後終了課税期間分の消費税の申告書に対応しています。
  • わくわく財務会計3は、消費税8%及び平成27年4月1日施行の簡易課税制度に対応しています。

特徴と導入メリット

経理の一連の作業がかんたん!スムーズに行えます。
経営分析機能で経営状況が把握でき仕事力もアップ!
経理の初心者の方からプロの方まで、安心してご利用いただけます。
安心のサポート体制でアフターフォローも万全です。

取引入力入力は使いやすい伝票と帳簿から、
便利な入力支援機能が取引入力を強力にサポートします。

  • 伝票入力
    伝票入力
  • 帳簿入力
    帳簿入力
  • 定番伝票
    定番伝票

経理経験も豊富でパソコンに慣れている方、経理経験はあるけどパソコンでの経理は初めての方、経理を始めて間もない方など、ソフトを利用する方の状況はさまざまです。
わくわく財務会計は、利用する方の状況に応じた入力方法を用意しています。
経理やパソコンに不慣れな方は、定番伝票や仕訳辞書を参照したり、リストアップされる入力候補を参照したり、過去の取引を参考にしながら入力できますし、慣れている方(慣れてきた方)は、ワープロソフトを利用しているような感覚で、スピーディーな取引入力が行えます。

転記・集計入力した取引は、元帳、財務諸表、その他の集計表へ自動転記・集計。印刷もかんたん!

  • 元帳(総勘定元帳・補助元帳)は、科目を選択するだけで集計・表示できます。
  • 損益計算書、貸借対照表、製造原価報告書もクリックすれば集計・表示されます。
  • 損益状況の把握や残高確認で入力漏れやミスがないか確認できます。
  • 元帳
    元帳
  • 勘定明細表
    勘定明細表
  • 財務諸表
    財務諸表

取引が正確に入力できれば、転記・集計はわくわく財務会計がミスなく完璧に行います。しかし、1年を通じての経理作業では、入力漏れや入力ミスにより、残高が合わないなどの事象が発生してしまうものです。入力のしやすさだけでなく、原因を探しやすい会計ソフトを選択するのも重要なポイントです。

わくわく財務会計では、スマート参照機能や検索、伝票抽出機能のほか、月別、日付別の残高を集計してくれる残高推移表や得意先別の売掛金残高や銀行別の預金残高を集計表示する勘定明細表といった帳票を用意して、日々の取引チェックはもちろんミスの原因を探しやすくするための機能を備えています。入力結果としての勘定残高からその違いの原因となる取引(伝票)や理由を見つけ出すことができます。

決算決算書、消費税申告書も自動集計。
固定資産管理(減価償却)の機能も備えています。

  • 決算書消費税を自動集計。個人事業主用の青色申告決算書も作成できます。
  • 株主資本等変動事項や注記事項を登録して印刷すれば、決算書ができあがります。
  • 減価償却費の計算や償却費の仕訳を自動処理する固定資産管理もできます。
  • 決算書
    決算書
  • 消費税
    消費税
  • 固定資産
    固定資産

決算書や消費税の金額の集計もわくわく財務会計が行います。
法人の場合は、株主資本等変動事項や注記事項を、個人の場合は、内訳項目などを登録して印刷すれば決算書が完成します。決算書の表示科目や集計する金額は設定を変更できます。
消費税については、消費税申告書や消費税に関する資料が作成されます。消費税の申告にご活用ください。税務署へ提出する消費税申告書への直接の印字はできません。
固定資産管理では、減価償却計算のほか固定資産の管理資料としてご活用いただけます。

経営ツール経営状況の可視化や戦略立案に必要な経営情報が得られます。

  • 売上月次推移グラフ
    売上月次推移グラフ
  • 損益分岐点グラフ
    損益分岐点グラフ
  • 財務構成グラフ
    財務構成グラフ

財務状況や経営状況をグラフ化することで数字の表だけではつかみずらい全体像を直観的に把握することができます。
損益分岐点グラフの売上利益試算機能では、目標売上額を達成したときの利益額や目標利益額を達成するために必要な売上高を試算することができます。
わくわく財務会計の機能で作成できない経営資料などは、Excel書出機能を利用して作成できます。

こんな事業者様に最適!

  • 経理が初心者の方
  • 経理の熟練者、プロの方
  • 経営者やその身内の方が経理を担当
  • 起業される方
  • 今、使用中のソフトの機能、保守料、有料サポートなどに不満がある方

中小・零細企業向けの会計ソフトです。
製造業、卸売行、小売業、サポート業、飲食業など、あらゆる業種で使えます。

まずは無料でお試しください!
無料サポート付き。お気軽にお問い合わせください。
体験版で作成したデータは、製品版で使用できます。
わくわく財務会計3無料体験版

便利な機能で作業をさらに効率化!

1仕訳ヘルパー、仕訳辞書(Web版)

画面|仕訳ヘルパー取引入力の際に、使用する科目や仕訳について迷うことはよくあります。そんなときは、仕訳ヘルパーや仕訳辞書(Web版)が役にたちます。勘定科目の解説や使用例、仕訳例を参照できます。検索機能もついているので、タクシーやお土産といった単語で仕訳例や勘定科目を検索できます。

2メモ、付箋、保留伝票

画面|メモ、付箋取引入力の際に、使用する科目や金額などに迷うことがよくあります。迷った場合でも、付箋やメモを残して、後日再確認したり、科目や金額など不明な部分はそのままにして、一時的に保存(保留機能:集計対象にはなりません)し、不明事項が判明した時点で正規の取引として登録しなおすことができます。

3スマート参照

画面|スマート参照選択されている取引内容(仕訳や集計金額)から参照可能な帳票をリストアップし、帳票を開くことができます。
財務諸表で異常な金額を発見した場合でも、そこから元帳へ元帳から伝票へと辿っていくことができます。入力ミスであった場合には、そのまま訂正作業にうつれます。

4残高推移表

画面|残高推移表月次レベル、日次レベルで残高の推移や取引発生額を集計表示します。残高の異常な増加減少や異常な取引発生額の検知に役立ちます。

通帳残高との突合にも便利です。

5検索、抽出機能

画面|検索、抽出操作ナビと呼ばれるエリアには、検索機能を用意しています。勘定科目や摘要、金額により簡易な検索が行えます。
伝票ブラウザには、より詳細な条件により取引を抽出する機能を用意しています。状況に応じて使い分けることで、スムーズな取引検索が行えます。

6Excel書出機能

画面|Excel書出集計データをExcelに書き出すことができます。
Excelで加工して、営業資料や経営資料として活用することができます。

スライドショーで主要画面を閲覧

Now Loading
  • 画面サンプル|伝票入力
  • 画面サンプル|帳簿入力
  • 画面サンプル|伝票ブラウザ
  • 画面サンプル|元帳
  • 画面サンプル|財務諸表
  • 画面サンプル|経営ツール
  • 画面サンプル|決算書
  • 画面サンプル|消費税
  • 画面サンプル|固定資産管理
NEXT PREV
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
まずは無料でお試しください!
無料サポート付き。お気軽にお問い合わせください。
体験版で作成したデータは、製品版で使用できます。
わくわく財務会計3無料体験版

充実のアフターフォロー!
長く安心してご利用いただけるよう努めています。

サポートやプログラムのメンテナンスなど製品購入後のアフターフォローにも力をいれて取り組んでいます。 また、コスト面においても、ユーザー様に無駄なコスト負担を強いることのないようインターネットを中心としたIT技術の活用によるコストの削減に努めています。

※業務ソフトに特有の高額な保守料金を徴収することにより実施されるサポート制度は採用していません。

製品のお求めは、

ピクシスのオフィシャルオンラインストア
ピクシスe-Store

わくわく財務会計3
希望小売価格¥14,688(税込)
[会計ソフト]わくわく財務会計3
エコパッケージ(特別価格) ¥11,880(税込) e-Storeへ
ダウンロード販売(特別価格) ¥10,800(税込) e-Storeへ

商品形態について

ピクシスe-storeだけのお得な割引販売
  • [超]お買得!セット割引 プラス7,560円でもう1本
  • [お買得!]買換をご検討中に方へ 乗換割引
  • [ユーザー様限定]ファミリー割引 最大1万円引き
ピクシスの製品は、ピクシスe-Storeや他社のネットショップでもお求めいただけます。

税理士田中先生のワンポイントアドバイス
(経理・法律に関する情報)

少額短期保険と生命保険料控除

(2016年11月29日掲載)

ご存知ですか?この情報
(経理・法律に関する情報)

社長と会社の間での資金貸借に注意
固定資産の評価損の取り扱い

(2016年12月1日掲載)

ページの先頭へ