[顧客管理ソフト]わくわく顧客&メール 機能紹介

顧客管理

「わくわく顧客&メール」の顧客情報は、アドレス帳としての利用から、知りえた情報や顧客とコンタクトした時の情報を登録していくことにより、顧客カルテ(営業ツール)としての利用まで可能です。

顧客情報を登録・管理する機能ほか、顧客情報の参照機能や検索、抽出機能、その他に、二重登録をチェックする重複チェック機能、データの取り込み(インポート)や書き出し(エクスポート)の機能が備えられています。

また、メールの機能と連動しているので、顧客とのメールの送受信の履歴や一斉配信メールの送信履歴も管理できます。

登録(管理)項目について

顧客情報画面

「わくわく顧客&メール」の顧客情報は、アドレス帳としての利用から、知りえた情報や顧客とコンタクトした時の情報を登録していくことにより、顧客カルテ(営業ツール)としての利用まで可能です。

顧客の氏名やメールアドレスだけでも顧客情報として保存できますので、小さく初めて大きく展開していくことができます。

「わくわく顧客&メール」の顧客情報の登録項目は以下をご参照ください。

※マークがついている分類には、登録項目や選択肢をを自由に設定できる入力項目が含まれています。

基本情報 姓名や会社名などの基本情報を管理できます。
拡大画面と入力項目
連絡情報 住所、メールアドアレスなどの情報を管理できます。
拡大画面と入力項目
顧客情報 顧客固有の情報を登録、管理することができます。登録項目は、顧客管理目的に応じて、最大20項目まで自由に追加設定できます。
拡大画面と入力項目
戦略情報 マーケティングで活用できる情報を管理できます。管理する情報(各入力項目)は選択候補を設計情報で設定できます。
拡大画面と入力項目
コンタクト履歴 顧客への対応予定や対応内容を登録、管理することができます。
拡大画面と入力項目
メール履歴 顧客とのメールの送受信の履歴を管理することができます。
拡大画面
配信履歴 顧客に対して送信した配信メール(配信タブで作成した配信メール)の送信履歴を管理することができます。
拡大画面
ファイル管理 顧客とやり取りしたファイル(エクセルやワード、画像データなどのファイル)を管理することができます。
拡大画面
メモ 顧客に関する情報で、上記の管理項目で登録しきれない内容などを自由に登録しておくことができます。
拡大画面

顧客ブラウザ(顧客情報の参照)

顧客情報の表示形式

顧客ブラウザの一覧表示

顧客ブラウザでは、登録されている顧客情報を一覧表で参照することができます。

拡大画面

「一覧表示」から「カード形式」の切り替えはクリックひとつで操作できます。また、データ行をダブルクリックすると、カード形式の顧客情報を参照できます。

一覧表で大枠を見て、カード形式で細部を確認することができます。

表示項目設定機能

表示項目設定

「一覧表示」では、表示項目設定の機能を利用して、表示する項目を変更することができます。

拡大画面

顧客データの検索/抽出

顧客データの検索

検索

顧客データの検索は、ナビに備えられている、検索機能を利用して実行できます。

検索項目を選択し、文字列を入力して、検索を実行します。

検索項目として、「姓名」「会社名」「住所」「電話」「携帯電話」「FAX」「PCメール」「携帯メール」の8項目を利用できます。

拡大画面と検索手順

 

顧客データの抽出

絞込条件設定

顧客データの抽出は、[顧客抽出]画面で実行できます。

顧客データの抽出では、顧客の基本情報と連絡情報、戦略情報などの項目を利用して、条件に該当する顧客を絞り込むことができます。

拡大画面

重複リスト

重複チェック

氏名や電話番号など、登録内容が重複しているデータを抽出することができます。二重登録や登録ミスなど顧客情報のチェックやインポート処理後の確認作業などで活用できる便利な機能です。

重複している顧客情報は、別の顧客として正式に登録するか、二重登録のため削除するかを判断し処理を実行することができます。

重複データとみなす項目の設定は、設計情報で設定できます。

拡大画面

インポート/エクスポート

「わくわく顧客&メール」には、顧客データを取り込む、インポート機能と、登録してある顧客データを書き出すエクスポート機能を備えています。 この機能を利用すると、他のソフトとのデータのやり取りが可能となります。

インポート

インポート

他のソフトで管理していた顧客データを取り込むことができます。

新規データのインポートのほかに、上書き機能も備えています。 エクセルなどのソフトでデータを加工して、上書きインポート機能でデータを戻すようなことも可能です。

拡大画面

わくわく顧客&メール形式 わくわく顧客&メールで指定する形式です。読込み可能な項目と順序をあわせたCSV形式のファイルをインポートすることができます。
わくわく販売管理形式
(得意先台帳/得意先担当者)
「わくわく販売管理2」をご利用の場合には、「わくわく販売管理2」の[設定]の[得意先情報]で、一覧される得意先情報を、[Excelへの書き出し]機能を利用してExcelに書き出し、csv形式で保存すると、「わくわく顧客&メール」にインポートすることができます。
形式追加
(インポートするデータにあわせて形式を設定できます)
CSV形式のデータであれば、インポート項目の順序をそのデータの順序にあわせることで、インポート処理を実行できます。設定は、[顧客データのインポート]ウィザードの[インポート形式の指定]で行います。

エクスポート

エクスポート

CSV形式のファイルを生成できます。CSV形式のデータを取り込む機能を有している他のソフト(年賀状ソフトや顧客管理ソフト)との連携が可能となります。

また、顧客データをExcelに書き出す機能も備えています。

拡大画面

わくわく顧客&メール形式 インポート機能で利用可能な「わくわく顧客&メール形式」で登録されている顧客データのすべてを書き出すことができます。[重複リスト]メニューでは利用できません。
テキスト(CSV) 画面(一覧形式)に一覧されている顧客情報をCSV形式で書き出すことができます。
クリップボード 画面(一覧形式)に一覧されている顧客情報をクリップボードに書き出すことができます。その後は、任意のソフトに書き出したデータを貼り付けてください。
Excel 画面(一覧形式)に一覧されている顧客情報をExcelに書き出すことができます。

税理士田中先生のワンポイントアドバイス
(経理・法律に関する情報)

「税務署からのお尋ね」への対応

(2016年12月6日掲載)

ご存知ですか?この情報
(経理・法律に関する情報)

社長と会社の間での資金貸借に注意
固定資産の評価損の取り扱い

(2016年12月1日掲載)

ページの先頭へ