[顧客管理ソフト]わくわく顧客&メール 機能紹介

メール

「わくわく顧客&メール」のメール機能では、メールの送受信、転送、ファイルの添付など、一般的なメールソフトで利用する機能を備えているほか、

顧客情報と連動しているので、

  • 顧客ごとにメールの送受信の履歴を整理する
  • 受信したメールから、顧客情報を検索したり、新規に顧客情報を登録する
  • メール送信の停止(配信停止)の依頼やエラーメールの情報を該当する顧客の顧客情報に反映する

などの機能を備えています。

メールの送受信機能

メールの送受信機能

メールの送受信、転送、ファイル添付など、一般的なメールソフトで利用できる機能を備えています。

メールボックス(フォルダ)の編集や受信メールの振り分け機能も備えています。

拡大画面

顧客情報との連動機能

メール履歴

メール履歴

顧客とやり取りしたメールの履歴を管理できます。メールの送受信の履歴は、顧客情報のメール履歴で確認することができます。

拡大画面

 

顧客参照

顧客参照

受信したメールから、送信者の情報が登録されている顧客情報を開くことができます。

拡大画面

顧客新規(顧客情報の新規登録)

顧客新規

ホームページに顧客情報の登録フォームを掲載し、登録された情報をメールで送信する仕組みを構築することができる場合には、「わくわく顧客&メール」でそのメールを受信し、顧客情報に登録することができます。

拡大画面とデータ例

 

連絡停止の(処理)機能

連絡停止

今後、メールの送信を停止(注)して欲しいと連絡があった顧客に対しては、顧客情報に、連絡を停止する日付を登録しておくと、停止日以降は、メールの送信しないようにすることができます。

拡大画面と顧客情報への反映(登録)

(注)配信機能を利用してキャンペーンのメールやメールマガジンを送っている場合には、メールの停止を依頼されることがあります。

配信エラーの処理機能

配信エラー

配信(送信)エラーが起こると、「配信通知」フォルダに配信エラーメール(注)が保管されます。

このエラーメールから該当する顧客を探し出し、送信エラー日を顧客情報に登録することができます。送信エラー日が登録されると、その日付以降は、配信停止扱いとなります。

拡大画面と顧客情報への反映(登録)

(注)エラーメールは、RFCに基づいて認識します。RFCに準拠しないエラーメールは認識できない場合があります。

税理士田中先生のワンポイントアドバイス
(経理・法律に関する情報)

「税務署からのお尋ね」への対応

(2016年12月6日掲載)

ご存知ですか?この情報
(経理・法律に関する情報)

社長と会社の間での資金貸借に注意
固定資産の評価損の取り扱い

(2016年12月1日掲載)

ページの先頭へ