[顧客管理ソフト]わくわく顧客&メール 導入手順

データの作成と選択(開き方)

インストール後に「わくわく顧客&メール」を起動すると、以下の画面が開きます。
画像

上記画面で顧客情報を管理するデータ(ファイル)を作成します。データ作成は、以下の手順で行います。

  1. データ名を入力します。
  2. ユーザー管理を「する」または「しない」を選択します。
    ユーザー管理をしない場合でも顧客データにパスワードを設定することができます。
  3. 暦年の表示について「和暦」または「西暦」を選択します。
    画像
  4. [作成]ボタンをクリックして、顧客データを作成します。
    画像
  5. 処理が完了すると「データが作成されました。」とメッセージが表示されます。[OK]ボタンをクリックします。
    画像
  6. 顧客データ選択画面が開き、作成したデータが表示されます。
    画像
  7. 一覧された顧客データから、処理する顧客データの行をクリックして選択します。
    顧客データが1件しかない場合は、選択の必要はありません。
    [選択]ボタンをクリックします。
    画像
  8. [選択]ボタンのクリック後の動作は、ユーザー管理の有無により異なります。

    ユーザー管理およびパスワード設定をしていないデータの場合
    顧客データが開き、メニュー画面が表示されます。

    ユーザー管理はしないがパスワードを設定しているデータの場合
    以下の[認証]ダイアログが開きます。
    画像
    パスワードを入力し、[OK]ボタンをクリックします。

    ユーザー管理をする設定になっているデータの場合
    以下の[認証]ダイアログが開きます。
    画像
    ユーザーを選択し、パスワードを入力します【注】。[OK]ボタンをクリックします。
    【注】パスワードが未設定の場合は、パスワード欄は空のまま[OK]ボタンをクリックします。
  9. 顧客データが開き、メニュー画面が表示されます。

税理士田中先生のワンポイントアドバイス
(経理・法律に関する情報)

「税務署からのお尋ね」への対応

(2016年12月6日掲載)

ご存知ですか?この情報
(経理・法律に関する情報)

社長と会社の間での資金貸借に注意
固定資産の評価損の取り扱い

(2016年12月1日掲載)

ページの先頭へ