[顧客管理ソフト]わくわく顧客&メール 導入手順

メールアカウントの設定

「わくわく顧客&メール」のメールおよび配信機能を利用するには、メールのアカウントの設定をする必要があります。

メールアカウントの設定を行うメニューは、メニュー画面で、[メール]を選択し、表示されるアイコンから[アカウント設定]をクリックします。

画像

メールアカウントの設定画面が開きます。設定は、以下の手順で行います。

アカウントの情報は、契約したプロバイダーから送付されたアカウントの情報を通知する書類、または、すでに他のメールソフトを利用されている方は、そこで設定している内容を参照して、「わくわく顧客&メール」のアカウント設定に登録してください。

Outlook、Outlook Express、Windowsメールでメールを利用されている方は、登録先を示す画像を添付してありますので参考にしてください。

  1. [新規]ボタンをクリックします。
    画像
  2. 編集モードに切り替わります。
    画像
  3. 各項目を登録します。
    アカウントの設定内容は以下の項目です。設定内容が不明な場合には、社内のシステム管理者もしくは契約しているプロバイダーにお尋ねください。

    ■アカウント情報
    画像
    アカウント名 アカウント名はわかりやすい名称を設定してください。20文字まで登録できます。
    名前 メールヘッダーの送信者に表示される名前を登録します。
    メールアドレス 送信時に使用するメールアドレスを登録します。
    返信メールアドレス 受信者が返信をする場合の送信先のメールアドレスを別途設定している場合にそのメールアドレスを登録します。送信時のメールアドレス(上記メールアドレス)と同じ場合は設定不要。
    署名(シグネチャ) メールの末尾に付加される氏名(や企業名)、住所、電話番号など、メール送信時に必ず付加する情報を登録しておくことができます。
    Outlook、Outlook Express、Windowsメールでメールを利用されている方は、以下の画面例を参考に登録内容を「わくわく顧客&メール」のアカウント設定に登録してください。
    画面例では、登録データを隠してあります。
    画像

    ■受信サーバー情報(POP3)
    画像
    受信サーバー 受信サーバーのアドレスを登録します。
    受信ポート 受信サーバーへの接続ポートの番号を入力します。初期値は110です。使用するSSL通信によって変更が必要です。 通常、POP over SSLの場合は995。STARTTLSの場合は110です。
    SSLを利用する場合は、社内のシステム管理者または契約しているプロバイダーの指示に従ってください。
    ユーザー ユーザーまたはアカウントを登録します。
    パスワード パスワードを登録します。
    パスワード保存 チェックを解除すると、メールの送受信時にパスワードの入力をもとめる設定に変更できます。
    メール削除 チェックするとサーバーにメールが残りません。
    メール受信 [送受信]の操作時にこのアカウントも含めてメールの受信を行います。
    タイムアウト サーバーからの応答がないときメールの受信を中止するまでの待ち時間を設定します。
    SSL通信 SSLの技術を利用できます。「使用しない」「POP over SSL」「STARTTLS」のいずれかを選択します。
    利用する場合は、社内のシステム管理者または契約しているプロバイダーの指示に従ってください。
    Outlook、Outlook Express、Windowsメールでメールを利用されている方は、以下の画面例を参考に登録内容を「わくわく顧客&メール」のアカウント設定に登録してください。
    画面例では、登録データを隠してあります。
    画像
    (注)パスワードは、****で表示されます。パスワードを失念した場合には、プロバイダーから送付された、アカウント情報の通知書などでお調べください。

    ■送信サーバー情報(SMTP)
    画像
    送信サーバー 送信サーバーのアドレスを登録します。
    送信ポート 送信サーバーへの接続ポートの番号を入力します。初期値は25です。使用するSSL通信によって変更が必要です。通常、SMTP over SSLの場合は465。STARTTLSの場合は587です。
    SSLを利用する場合は、社内のシステム管理者または契約しているプロバイダーの指示に従ってください。
    POP認証 受信サーバーで認証を受けます(POPbeforeSMTP)。
    サーバー認証 送信サーバーで認証を受ける場合にはチェックします(SMTP認証)。
    ユーザー 上記SMTP認証で認証が必要な場合には、ユーザーまたはアカウントを登録します。
    パスワード 上記SMTP認証で認証が必要な場合には、パスワードを登録します。
    パスワード保存 チェックを解除すると、メールの送信時にパスワードの入力を求める設定に変更できます。
    タイムアウト サーバーからの応答がないときメールの送信を中止するまでの待ち時間を設定します。
    SSL通信 SSLの技術を利用できます。「使用しない」「SMTP over SSL」「STARTTLS」のいずれかを選択できます。
    利用する場合は、社内のシステム管理者または契約しているプロバイダーの指示に従ってください。
    送信間隔 複数メールを送信する場合の送信間隔を設定します。各プロバイダーやキャリアの制限をご確認のうえ設定してください。
    Outlook、Outlook Express、Windowsメールでメールを利用されている方は、以下の画面例を参考に登録内容を「わくわく顧客&メール」のアカウント設定に登録してください。
    画面例では、登録データを隠してあります。
    画像
    (注)受信メールサーバーで、認証が必要な場合(「このサーバーは認証が必要」が選択されている場合)は、[設定]ボタンをクリックするとログオン情報を確認することができます。

    「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」が選択されている場合には、受信サーバー情報で設定したユーザーとパスワードを、送信サーバー情報のユーザーとパスワードに登録します。

    アカウント名とパスワードが別途設定されている場合には、その情報を送信サーバー情報のユーザーとパスワードに登録します。
  4. [登録]ボタンでクリックすると登録内容を保存し参照モードに戻ります。
    [中止]ボタンをクリックすると登録内容を破棄し参照モードに戻ります。

税理士田中先生のワンポイントアドバイス
(経理・法律に関する情報)

「税務署からのお尋ね」への対応

(2016年12月6日掲載)

ご存知ですか?この情報
(経理・法律に関する情報)

社長と会社の間での資金貸借に注意
固定資産の評価損の取り扱い

(2016年12月1日掲載)

ページの先頭へ