[顧客管理ソフト]わくわく顧客&メール 導入手順

CSV形式のファイルの例

CSV形式のファイルは、以下の例のように各項目が半角カンマ( , )で区切られているものです。

1行1明細ごとに改行します。インポートする値がない場合は、値を設定する必要はありませんが項目と項目の区切りを示す半角カンマ( , )は必要です。また、数値(金額)に3桁カンマがついている場合には、数値(金額)をダブルコーテーション( " )で囲みます。

[データ例]
個人,パーソナル事業,山田,太郎,,,・・・・・,ABC商事,,エイビーシーショウジ,・・・・

顧客管理ソフトを利用している場合には、そのソフトで、csv形式で書き出す機能があるかを確認してください。

機能がない場合でも、excelなどの表計算ソフトにデータを移行できれば、ファイルの保存時に、[ファイルの種類]で「CSV(カンマ区切り)(*.csv)」を選択すると、csv形式のデータを保存することができます。

以下の画面例は、MicrosoftのExcelです。

画像

税理士田中先生のワンポイントアドバイス
(経理・法律に関する情報)

収入印紙の貼付を忘れないように!

(2018年4月17日掲載)

ご存知ですか?この情報
(経理・法律に関する情報)

確定申告の間違いに気づいたら
消費税は平成31年10月から「区分記載請求書等保存方式」へ

(2018年3月30日掲載)

ページの先頭へ