[顧客管理ソフト]わくわく顧客&メール 導入手順

わくわく顧客&メール形式

「わくわく顧客&メール形式」では、以下に示す1〜29番の項目を読み込むことができます。 順序も以下の順序どおりにします。

1 顧客区分 「個人」または「法人」
■読込み処理でのポイント
データが登録されていない場合は、データを用意してください。どちらか一方が多い場合は、インポート時に一括登録する区分を設定できますので、多い方を選択し、読込み後に修正することもできます。法人と個人のデータを簡単に区別できる場合には、法人の読込みデータと個人の読込みデータに区別すれば、インポート時の顧客区分を選択して読み込むことができます。
2 管理区分(※1) 20文字以内
3 30文字
4 30文字
5 姓フリガナ 60文字
6 名フリガナ 60文字
7 敬称(※1) 10文字
8 性別 「不明」「男性(または男が含まれる値・・・男子)」「女性(女が含まれる値・・・女子)」
9 会社名 100文字
10 会社名略称 20文字
■読込み処理でのポイント
顧客ブラウザの顧客名では、法人の顧客は、「会社略名/部署、役職(姓名)」で表示されます。データとして登録されていないケースが多いと思われますが、顧客データの区分が「法人」の場合は、会社名略名は設定(会社名をコピーするなど)した上で読み込むことをお勧めします。
11 会社名フリガナ 100文字
12 部署 100文字
13 役職 100文字
14 郵便番号 半角7文字
15 都道府県 10文字
16 住所1 100文字
17 住所2 100文字
18 電話 30文字
19 携帯電話 30文字
20 FAX 30文字
21 PCメール 100文字
22 携帯メール 100文字
23 送信エラー日(PCメール) 和暦、西暦のどちらでも可。
[例]H16/12/03、H16/12/3、2004/12/03、2004/12/3
24 送信エラー日(携帯メール)
25 連絡停止日
26 状況(※1) 20文字
27 ランク(※1) 20文字
28 自社担当者(※1) 20文字
29 メモ  

税理士田中先生のワンポイントアドバイス
(経理・法律に関する情報)

「税務署からのお尋ね」への対応

(2016年12月6日掲載)

ご存知ですか?この情報
(経理・法律に関する情報)

社長と会社の間での資金貸借に注意
固定資産の評価損の取り扱い

(2016年12月1日掲載)

ページの先頭へ