[顧客管理ソフト]わくわく顧客&メール 導入手順

インポート

インポート可能なデータ形式による顧客データ(詳しくは、インポート機能についてを参照してください)は、インポート機能を利用して「わくわく顧客&メール」に読込むことができます。

ここでは、新規および追加で顧客データをインポートする場合の操作を説明します。上書きによるインポートは、「わくわく顧客&メール」のヘルプを参照してください。「わくわく顧客&メール」を起動し、メニューバーの[へプル]−[ソフトの使い方]でヘルプのメニューが表示されます。顧客情報の「既存顧客データのアップデート」を参照してください。

すでに顧客情報が登録されているデータに追加してインポートする場合には、顧客データのバックアップを作成してください。処理にミスがあった場合でも元に戻すことができます。

  1. メニューを選択すると「顧客データのインポート」ウィザードが開始します。
    プルダウンメニューの[ファイル]−[インポート]でもウィザードを開始できます。
    画像
  2. 新規顧客データのインポートを選択し、[次へ]ボタンをクリックします。
  3. インポートするファイルを指定します。
    [参照]ボタンをクリックすると「インポートファイルを選択してください」ダイアログが開きます。ファイルを指定して[開く]ボタンをクリックします。
    [次へ]ボタンをクリックします。
    画像
  4. データ開始行を指定します。
    データの1行目をタイトルヘッダーとして使用している場合には2行目となります。
    [次へ]ボタンをクリックします。
    画像
  5. インポート形式を選択します。 詳しくは、インポート可能なデータ形式を参照してください。
    インポート形式を「わくわく顧客&メール形式」で読込む場合には、[次へ]ボタンをクリックします。
    画像
    形式を追加して顧客データをインポートする場合には、まず、[形式追加]ボタンをクリックし「インポート形式名」を追加します。
    画像
    読込みデータに合わせて、インポート項目を設定してデータの読込みを実行できます。
    2回目以降は設定されているインポート形式を選択して読込みを実行できます。
    インポート項目を設定して[次へ]ボタンをクリックします。
    画像
  6. インポートデータの解析を行ないます。読込むデータに認識できない項目の値や選択項目で空の項目がある場合には「変換の設定」ダイアログが表示されます。インポート内容を選択して、[OK]ボタンをクリックします。設定なしの場合は値はなしとみなされます。
    画像
    以下のダイアログは男子という値が設定されていないため、男性に変更する例です。
    画像
  7. インポートデータの解析が完了すると以下のように読込みデータの件数などが表示されます。[インポート実行]ボタンをクリックします。
    画像
  8. インポートが完了します。[閉じる]ボタンをクリックします。
    画像

税理士田中先生のワンポイントアドバイス
(経理・法律に関する情報)

「税務署からのお尋ね」への対応

(2016年12月6日掲載)

ご存知ですか?この情報
(経理・法律に関する情報)

社長と会社の間での資金貸借に注意
固定資産の評価損の取り扱い

(2016年12月1日掲載)

ページの先頭へ