[顧客管理ソフト]わくわく顧客&メール 導入手順

「わくわく顧客&メール」は、インストール、データファイルの作成など、以下の操作および設定により、使用可能な環境を整えることができます。

インストール(ファイルのダウンロードとインストール)とプログラムの起動

「わくわく顧客&メール」はプログラムのインストール後にライセンスキーを登録すると製品として動作します。ここでは、プログラムのインストールとライセンスキーの登録手順を説明します。ライセンスキーの登録前は体験版として動作します。

  1. プログラムのインストール
    ホームページからプログラムをダウンロードする場合のインストール手順
    CD-ROMで購入した場合のインストール手順
  2. プログラムの起動
  3. ライセンスキーの登録
    (製品購入後は必ず登録してください。体験版を製品版に切り替えます)

データの作成とセキュリティ設定−(最初の作業はデータ作成です)

顧客情報を管理するデータ(ファイル)の作成と、ファイルを使用できるユーザーとセキュリティーの設定について説明します。

  1. データの作成と選択(顧客データを開く)
  2. セキュリティの設定

メールアカウントの設定−(メール機能を使うために)

「わくわく顧客&メール」は、顧客情報の管理機能のほかに、メールの送受信および顧客へのメールの一斉配信機能を有しています。ここでは、メールの機能を利用するための設定方法について説明します。

  1. メールの仕組みについて
  2. メールアカウントの設定
  3. メール運用のヒント

インポート−(既存データを読み込めます)

パソコンで管理している顧客情報で、csv形式のファイルに変換が可能な場合には、「わくわく顧客&メール」に読み込むことができます。ここでは、顧客データのインポートについて説明します。

  1. インポート処理の概要とファイルの準備
  2. インポート
  3. インポートデータのチェック(重複チェック)

バックアップ−(安全運用のために)

パソコンの故障などによる不測の事態に備えて、定期的にバックアップファイルを作成すようにしてください。、

  1. バックアップ先とバックアップファイルの作成

税理士田中先生のワンポイントアドバイス
(経理・法律に関する情報)

少額短期保険と生命保険料控除

(2016年11月29日掲載)

ご存知ですか?この情報
(経理・法律に関する情報)

社長と会社の間での資金貸借に注意
固定資産の評価損の取り扱い

(2016年12月1日掲載)

ページの先頭へ