帳票印刷ソフトわくわく帳票インポート・エクスポート

台帳のインポート機能・エクスポート機能

台帳のインポート機能、エクスポート機能は、CSVファイルと呼ばれるファイルを介してデータを読み込んだり、書き出したりする機能です。

インポート(読込)機能は、新規データの読込みだけでなく、既存台帳の部分修正にも使えます。エクスポート(書出)機能は、書出し項目を選べるすぐれものです。

うまく使いこなすとで便利な運用を可能とします。

注)台帳のインポート・エクスポート機能を利用される場合は、わくわく帳票(締めができる見積・納品・請求書)をお求めください(有料)。

用途

インポート機能 他の販売管理、顧客管理ソフトからのデータ読みこみ
表計算ソフトで作った顧客リストの読みこみ
台帳の部分更新(変更があった住所だけ書き換えたい、分類を後から登録したりする)
一括で単価の改定をする
一括で販売終了先、商品と非表示にする
エクスポート機能 他のソフトに受け渡すデータを作る
表計算ソフトで一覧表を作成する
一括変更するときの元データを書き出す

税理士田中先生のワンポイントアドバイス
(経理・法律に関する情報)

「税務署からのお尋ね」への対応

(2016年12月6日掲載)

ご存知ですか?この情報
(経理・法律に関する情報)

社長と会社の間での資金貸借に注意
固定資産の評価損の取り扱い

(2016年12月1日掲載)

ページの先頭へ