青色申告ソフト青色申告の基礎知識や帳簿作成などについて実践的な内容をご案内するコーナー青色申告の基礎知識(青色申告ガイダンス)

売掛帳とは何だろう

女性

「売掛帳」について教えていただきたいのですが

先生

はい、「売掛帳」とは、「つけ」で販売した商製品やサービスの代金(「売掛金」という)の回収状況を管理する帳簿なんです。

女性

「つけ」がなくて常に現金販売している人は売掛帳は不要なんですね。

先生

そのとおり。例えばファストフード店の店頭のように常に商品が現金と引き換えだと売掛帳はいらないよね。けれども、現実には多くの事業者は継続的に取引のある得意先に対しては、「掛売(「つけ」のこと)」をしているから、売掛金の管理が不要な事業者は少ないでしょう。

女性

売掛金の管理ってどうしても必要なんですか?

先生

当然です!商取引は、注文をもらっておしまいでもないし、品物を納めて終わりでもないんですよ。代金をいただいてようやく完了するんです。

売掛金の管理がいいかげんで、お得意先に請求書が届かなかったり、内容が間違っていたりしては大変です。売掛金の管理がずさんだったために、期日までに正しい請求額を提示できずに入金が遅れたり、取引先の信用を失うことだってあります。

わかっていただけましたか?

では、次に売掛帳の基本様式と記帳方法についてみていきましょう。

まず大切なことは、売掛帳は「得意先」ごとに管理できなければ意味がありません。「わくわく青色申告」や「わくわく財務会計」では、補助科目を使うんですよね?

女性

はい。次は「わくわく青色申告」や「わくわく財務会計」での売掛帳作成について説明します。

税理士田中先生のワンポイントアドバイス
(経理・法律に関する情報)

「税務署からのお尋ね」への対応

(2016年12月6日掲載)

ご存知ですか?この情報
(経理・法律に関する情報)

社長と会社の間での資金貸借に注意
固定資産の評価損の取り扱い

(2016年12月1日掲載)

ページの先頭へ