青色申告ソフト青色申告の基礎知識や帳簿作成などについて実践的な内容をご案内するコーナー青色申告の基礎知識(青色申告ガイダンス)

売掛帳をつける〜売上のつけかた

女性

前回は「売掛金」の補助科目に得意先を登録しました。今回は、登録した補助科目を利用して、掛け売上の記帳についてお話しします。

まずは実際に売上を入力してみたいと思います。「わくわく青色申告」や「わくわく財務会計」での基本的な操作は、現金出納帳や預金出納帳と同じです。手順をざっとおさらいすると次のとおりです。

  1. メニューから[日常業務]→[売掛帳]をクリックします。

    日常業務メニュー

  2. 画面左上の[科目もくじ]ボタンをクリックし、記帳したい得意先をクリックして選択します。

    帳簿入力−売掛帳−科目もくじ

  3. 画面右下の[新規入力]ボタンをクリックします。 画面下の入力エリアで取引を入力します。
  4. [登録(F12)]ボタンをクリックするか金額欄でEnterキーを押します。「登録します。よろしいですか?」とメッセージが表示されたら[はい]をクリックします。

手順を確認したところで、実際に入力する取引の説明にすすみたいと思います。

【仕訳例22】掛け売上の記帳

甲商店へ掛け(ツケ)で商品10,800円を売ったら、納品日(または請求日)の日付で次のように記帳します。サービス業の場合も同じです。

日付/番号
コード
相手科目
摘要
売上
回収
H28/11/5
2000
売上高 掛け売り上げ
108,000
 
売掛
22
 
       

「相手科目」は、「売上高」とします。そして金額は左側(売上側)に入力します。

実際に入金される額は、振込手数料や源泉税が差し引かれていることがあるかもしれません。けれども売上として記帳するときは総額を記帳します。

では、次回はこの売掛代金の入金があったときの記帳方法についてお話しします。回収方法の違いや振込手数料、源泉税が差し引かれた場合など、具体的なケースごとにご紹介します。

税理士田中先生のワンポイントアドバイス
(経理・法律に関する情報)

「税務署からのお尋ね」への対応

(2016年12月6日掲載)

ご存知ですか?この情報
(経理・法律に関する情報)

社長と会社の間での資金貸借に注意
固定資産の評価損の取り扱い

(2016年12月1日掲載)

ページの先頭へ