青色申告ソフト青色申告の基礎知識や帳簿作成などについて実践的な内容をご案内するコーナー青色申告の基礎知識(青色申告ガイダンス)

勘定科目がわからなくて困ったとき

女性

帳簿をつけはじめて途方にくれるのは、どの科目を使ったらよいのか判断がつかないときです。

こんなときは、本やインターネットが頼りですが、「わくわく青色申告」や「わくわく財務会計」には、[ヘルプ]→[仕訳ヘルパー]という心強い機能がソフトそのものに備わっています。

【仕訳ヘルパー】


ヘルプメニュー
仕訳ヘルパー

 

これは、仕訳辞典の内容をソフトに組み込んだようなものです。索引にあたる「キーワード」や「検索」が、目的の取引を探してくれます。

仕訳ヘルパー−検索

 

たとえば上記のように[検索]タブを選択し、[探したい語句を入力してください]の欄に「専従者給与」を入力して[検索開始]ボタンをクリックすると3つのトピックが検索結果に表示されます。見たいトピックをダブルクリックすると、画面の右側のエリアにトピックの内容が表示されます。

伝票画面では、ナビからも仕訳ヘルパーを開くことができます。

この機能を使えば、どんな科目かわからないときすぐに調べられて便利です。

実は、私たちカスタマーセンターでは「どの勘定科目を使えばよいのか」というお問い合わせには答えられません。カスタマーセンターでは会計ソフトの操作に関してはご案内させていただきますが、個々の企業の経理処理に関するご相談には応じることができないのです。

その代わりに、一般的な事例集として、カスタマーセンターでもこの仕訳ヘルパーの使い方と掲載内容をご案内しています。

もちろん税務に関するようなことや、難しい判断が必要な経理処理は、税理士など正規の資格を持った専門家に相談していただくことをお勧めしますが、「あれ?この経費ってどの科目で記帳すればいいんだっけ?」といったちょっとした調べ物なら、仕訳ヘルパーが役立つと思います。オマケ的な機能に見えますが、ちょっとした仕訳辞典一冊分くらいの内容が収録されているんですよ!

ソフトに組み込まれた機能なのでインターネットに接続していないパソコンでも、使えます。

税理士田中先生のワンポイントアドバイス
(経理・法律に関する情報)

少額短期保険と生命保険料控除

(2016年11月29日掲載)

ご存知ですか?この情報
(経理・法律に関する情報)

社長と会社の間での資金貸借に注意
固定資産の評価損の取り扱い

(2016年12月1日掲載)

ページの先頭へ