青色申告ソフトわくわく青色申告よくある質問と回答

財務諸表でプラスマイナスが逆に表示される科目があるのですが

回答

減価償却累計額や貸倒引当金のように、その勘定科目が属する分類の貸借属性と、勘定科目自身の貸借属性が異なる場合があります。

そのような科目の表示方法は次のようになります。

  1. 元帳残高は勘定科目自身の貸借属性に基づいて表示されます。
  2. 財務諸表では、分類の貸借属性にしたがって表示されます。
  3. 決算書でも、原則的に財務諸表と同様分類の貸借属性にしたがって表示されますが、決算書フォームで科目ごとの表示貸借属性を変更することが可能です。
  4. 開始残高の入力方法は、分類の属性にしたがって行うようお願いいたします。

例えば、100万円の有形固定資産に30万円の減価償却累計額が計上されていた場合、減価償却累計額勘定の帳票での表示方法は次のようになります。

  1. 元帳では、残高300,000と表示されます。(貸方に30万円の残高がある)
  2. 財務諸表では、-300,000と表示されます(借方属性の有形固定資産に30万円の減額が生じている)。
  3. 決算書は、決算書フォームを変更しないかぎり、財務諸表と同様で△300,000と表示されます。
  4. 開始残高で30万円の残高がある場合は、-300,000とマイナスつきで登録します。

この情報は、お客様の疑問・問題解決のお役に立ちましたか?

はい。問題・疑問が解決しました。
解決しなかったが参考になりました。
いいえ。役に立ちませんでした。

税理士田中先生のワンポイントアドバイス
(経理・法律に関する情報)

少額短期保険と生命保険料控除

(2016年11月29日掲載)

ご存知ですか?この情報
(経理・法律に関する情報)

社長と会社の間での資金貸借に注意
固定資産の評価損の取り扱い

(2016年12月1日掲載)

ページの先頭へ