青色申告ソフトわくわく青色申告3機能紹介

概要

わくわく青色申告は、取引を入力すると、取引が自動で帳簿に転記・集計され、青色申告に必要な帳簿や青色申告決算書、消費税申告書が作成でき、さらには青色申告特別控除65万円の対象となります。

入力支援機能で、スイスイ簡単!取引入力

  • よく使う科目、連想科目など、科目入力のヒントを表示。
  • 消費税は自動計算。(特殊な取引でも税区分の変更は簡単)
  • 摘要辞書が登録科目に応じて登録例を一覧。
  • 伝票入力では、仕訳が不慣れな方でも、定番伝票辞書がサポートします。

入力した取引は、システムが自動で転記・集計!

  • 青色申告のために必要な帳票は印刷するだけです。
    【出力可能な帳票
    伝票(振替伝票、入金伝票、出金伝票)/仕訳帳/精算表/日計表/現金出納帳/預金出納帳/売掛帳/買掛帳/総勘定元帳/補助元帳/固定資産一覧表/財務諸表 など
  • Web感覚の画面なので、ホームページを閲覧している感覚でスイスイ参照できます。

青色申告決算書や消費税申告書も自動集計!

  • 青色申告決算書の一般用と不動産所得用を作成できます。
  • 消費税申告書(注)および付表や付表詳細資料も作成されます。
    (注)消費税の申告書は、税務署に提出する消費税申告書に直接印字することはできません。

固定資産管理(平成24年度の減価償却制度改正に対応)

  • 保有する資産の管理を行うことができます。
  • 減価償却費を自動計算し、クリックひとつで仕訳を作成できます。
  • 平成24年度の税制改正による減価償却制度に対応しています。

税理士田中先生のワンポイントアドバイス
(経理・法律に関する情報)

「税務署からのお尋ね」への対応

(2016年12月6日掲載)

ご存知ですか?この情報
(経理・法律に関する情報)

社長と会社の間での資金貸借に注意
固定資産の評価損の取り扱い

(2016年12月1日掲載)

ページの先頭へ