販売管理ソフトわくわく販売管理2よくある質問と回答

請求書の発行のしかたがわからない[1](都度請求の場合)

回答

都度請求とは、納品のたびに請求書を発行し、その都度決済していただくような販売形態です。このような場合は、[売上伝票]の[印刷ボタン]から請求書を印刷します。また、[売上]タブのナビメニューの[請求書一括印刷]からまとめて請求書を発行することができます。

入力中の売上伝票から印刷する

  1. メニューから[日常業務]→[売上伝票]をクリックします。
  2. 【売上伝票】(新規追加)で売上伝票を入力します。
  3. [印刷]ボタンをクリックします。
  4. 「印刷用紙の指定」で用紙タイプから印刷したい用紙タイプを選びます。
  5. [印刷実行]ボタンをクリックします。(→プレビューが開きます。)
  6. 画面左上の[印刷]ボタンをクリックし、プリンタを選んで[印刷]をクリックします。

すでに入力済みの売上伝票から1件を選んで印刷する

  1. メニューから[日常業務]→[売上伝票一覧表]をクリックします。
  2. 【売上伝票一覧表】で、印刷したい売上伝票を表示し、クリックして選択します。
  3. 印刷したい売上伝票の行をダブルクリックするか[連想ジャンプ]の[売上伝票]をクリックします。
    (→ 売上伝票が開きます)
  4. [印刷]ボタンをクリックします。
  5. 「印刷用紙の指定」で用紙タイプから印刷したい用紙タイプを選びます。
  6. [印刷実行]ボタンをクリックします。(→プレビューが開きます。)
  7. 画面左上の[印刷]ボタンをクリックし、プリンタを選んで[印刷]をクリックします。

まとめて入力した売上伝票を一括印刷する

  1. [売上]タブをクリックし、画面左側のナビメニューから[請求書一括印刷]をクリックします。
  2. 画面上方の[用紙タイプ]で用紙タイプを選びます。
    ※請求書一括印刷では、あらかじめ得意先台帳に「用紙タイプ」を設定しておきます。詳しくは後述の得意先台帳の設定方法をご覧ください。
  3. 印刷したい売上伝票期間を選びます。
  4. [請求書印刷]ボタンをクリックします。(→プレビューが開きます。)
  5. 画面左上の[印刷]ボタンをクリックし、プリンタを選んで[印刷]をクリックします。

いくつかの納品を一枚の請求書にまとめて発行する販売形態の場合は、「請求書の発行のしかたがわからない[2] (締め請求の場合)」をご覧ください。

都度請求に最適な「得意先台帳」の設定方法

納品のたびに請求書を発行するお得意先は、次のように台帳に設定してください。

  1. メニューの[設定業務]→[得意先一覧]をクリックします。
  2. 新しく得意先を登録する場合は[新規追加]をクリックし、得意先名、得意先略称、[請求情報]などを入力します。
    既に登録ずみの得意先の登録内容を変更する場合は、得意先をクリックして選択し、[台帳]ボタンをクリックして得意先台帳を開いた後、[変更]ボタンをクリックします。
  3. [販売情報]タブをクリックし、各項目を次のように設定します。

    項目名 設定する値
    販売形態 「掛販売(都度請求)」を選びます。
    締めグループ 設定不可。都度請求の場合は設定する必要はありません。
    回収条件 売上伝票に入力した請求日から起算した回収サイトを選びます。
    たとえば、請求してから一週間後に入金する約束なら、
    「締切後」「7」日と入力します。
    回収方法 「振込み」「現金」などの回収方法を選びます。
    消費税 「外税(伝票単位)」「内税」「免税」のいずれかを選択します。
    端数処理 「切上げ」「切捨て」「四捨五入」から選択します。
    自社担当者 自社担当者を選びます。決まっていなければ空白のままでもかまいません。
    開始残高 得意先元帳の繰越残高を入力します。未回収の取引がなければ0のままとします。
    納品書用紙 「納品書一括印刷」で使う用紙タイプを選択します。
    請求書用紙 「請求書一括印刷」で使う用紙タイプを選択します。
    今回請求額に繰り越し金額を含める この項目は、「掛販売(都度請求)」の場合は、使われません。
    振込先情報を印刷する 納品書や請求書に振込先情報を印刷する場合はチェックマークをつけた状態にします。

  4. [登録(F12)]ボタンをクリックして得意先台帳を登録します。

この情報は、お客様の疑問・問題解決のお役に立ちましたか?

はい。問題・疑問が解決しました。
解決しなかったが参考になりました。
いいえ。役に立ちませんでした。

税理士田中先生のワンポイントアドバイス
(経理・法律に関する情報)

「税務署からのお尋ね」への対応

(2016年12月6日掲載)

ご存知ですか?この情報
(経理・法律に関する情報)

社長と会社の間での資金貸借に注意
固定資産の評価損の取り扱い

(2016年12月1日掲載)

ページの先頭へ