販売管理ソフトわくわく販売管理2活用術

得意先の情報が得意先台帳に登録されていなくても「売上伝票」の作成を開始できます。

得意先台帳や商品台帳への登録は、売上伝票の作成時に同時に行うことができます。ここでは、売上伝票の作成時に得意先台帳を登録する例を説明します。

商品台帳についても同様の操作となります。

売上伝票の作成途中に新規顧客(得意先台帳に登録されていない得意先)を登録する

「得意先略称」欄に、得意先台帳に登録されていない略称が入力されるとシステムが新しい得意先であることを自動判断します。得意先台帳にない得意先略称が入力されると、以下の画面に示すダイアログが表示されます。

画像

[はい]をクリックすると得意先台帳が開きます。

画像

得意先台帳に必要事項を登録し、[登録]ボタンをクリックすると新規の得意先情報が保存され、売上伝票画面に戻ります。売上伝票画面には、得意先台帳で登録された情報が自動でセットされます。

税理士田中先生のワンポイントアドバイス
(経理・法律に関する情報)

少額短期保険と生命保険料控除

(2016年11月29日掲載)

ご存知ですか?この情報
(経理・法律に関する情報)

社長と会社の間での資金貸借に注意
固定資産の評価損の取り扱い

(2016年12月1日掲載)

ページの先頭へ