販売管理ソフトわくわく販売管理23時間で使える!わくわく販売管理2

3時間目入金は、こう管理する!

今回は早くも最終回、テーマは「入金は、こう管理する!」です。

請求業務は、お得意先からの入金を確認して完了します。いつも、入金のお礼をタイムリーに言えればお得意先の印象もますますアップするかもしれませんね。

では、説明をはじめましょう。

入金予定表とは?

「わくわく販売管理2」では、得意先台帳に設定された回収サイトに従って、次のタイミングで自動的に「入金予定伝票」が作成されます。

入金予定表は、次の手順で見ることができます。

  1. メニューの[日常業務]で[入金予定一覧表]をクリックします。
  2. ナビの[集計]で見たい集計期間をクリックします。
    例えば、来月の入金予定を知りたいときは、「月次集計」をクリックして選択します。
    画像
  3. 集計期間を決めます。
    月次集計なら見たい月をクリックして選択できます。
    画像

入金予定伝票っていつ作られるの?

  • 掛販売(締め請求)なら
    →請求締切画面で[締切]実行時に入金予定伝票が作成されます。
  • 掛販売(都度請求)なら
    →売上伝票を[登録]時に入金予定伝票が作成されます。
  • 現金販売なら
    →売上伝票作成と同時に入金完了です。
    入金予定伝票は作成されません。

※自動作成された入金予定伝票は内容を変更したり、削除したりできます。また、あらたに入金予定伝票を手入力で作ることもできます。

入金が確認されたらどうしたらよい?

入金が実際に確認されたら、次の手順で入金予定伝票を入金伝票に変更し、消し込み処理を行います。

  1. メニューの[日常業務]で[入金伝票]アイコンをクリックします。
  2. [入金予定伝票リスト]をクリックします。
    未入金のリストが予定日付順に表示されます。
    画像
  3. 入金が確認された行をクリックして選択し、[伝票編集]ボタンをクリックします。[入金伝票(変更:予定伝票)]画面が開きます。
    画像
  4. 入金日や金額などを確認して必要があれば訂正し[登録]ボタンをクリックします。

    これで入金予定伝票が入金(済み)伝票に変更されました。これにより、[入金予定一覧表]からは取り除かれ、あらたに[入金伝票一覧表]に集計されるようになります(集計期間の設定が必要です)。
    画像

領収書を発行したい

[入金伝票]画面から、次の手順で領収書が発行できます。

  1. [入金伝票]画面で[表示]をクリックします。
    「入金が確認されたらどうしたらよい?」の説明で入力した伝票が画面に表示されます。
    画像
    [入金伝票一覧]画面から、領収書を印刷する入金伝票の行をダブルクリックしても[入金伝票]画面を開くことができます。
  2. [印刷]ボタンをクリックします。 「印刷用紙の指定」ダイアログが開きます。
    画像
  3. 「用紙タイプ」や印刷オプションを選んで[印刷実行]ボタンをクリックすると、印刷プレビューが開きます。
    画像
  4. 画面左上の[印刷]ボタンをクリックしてプリンタを選んで印刷します。

この印刷方法は一例です。領収書は入金伝票から印刷するほか、売上伝票からも印刷できます。

次回の締め請求では?

締め請求の場合は、「入金が確認されたらどうしたらよい?」で処理された入金伝票は、次回の締め切り時に「今回ご入金額」として集計されます。

また、入金伝票は、得意先元帳や売掛残高一覧表へも自動的に反映され、リアルタイムに正しい売掛残高が計算されます。

 

あっという間に終了してしまいました。

「3時間で使える!わくわく販売管理2」では、「わくわく販売管理2」で、納品書や請求書を作成するための基本的な流れと操作をご紹介しましたので、説明しきれない機能や運用方法もあります。カスタマーセンターでは、業務に、よりフィットした運用方法など操作・運用方法全般のご相談にお答えしております。ご不明点はどうぞお気軽にお尋ねください。お待ちしています。

「わくわく販売管理2」についてお客様からよくいただく質問をホームページで「よくある質問と回答」としてまとめています。こちらも合わせてご利用ください。

また「わくわく販売管理2」をお試しになってのご感想や、「こんなことできれば良いのに」などのご要望なども、お待ちしております。

税理士田中先生のワンポイントアドバイス
(経理・法律に関する情報)

「税務署からのお尋ね」への対応

(2016年12月6日掲載)

ご存知ですか?この情報
(経理・法律に関する情報)

社長と会社の間での資金貸借に注意
固定資産の評価損の取り扱い

(2016年12月1日掲載)

ページの先頭へ