会計ソフト経理・法律に関する情報税理士 田中先生のワンポイントアドバイス

「棚卸し」をしてますか?

掲載日2016年8月23日

「棚卸し」とは、商品・製品などの在庫を計算することをいいます。「棚卸し」の対象品には商品の包装品などの貯蔵品や消耗品も含まれます。

棚卸しには、次の2つの意味があります。

1つは、在庫の確認を帳簿上だけで行う「簿記棚卸し」です。商品在庫表の残高を確認する作業がこれにあたり、机上での在庫確認方法となります。

他の1つは、実際に在庫はいくつあるのかを直接数える方法で「実地棚卸し」と呼ばれます。棚卸し作業という場合は、通常は「実地棚卸し」のことを指します。

多くのケースでは「簿記棚卸し」≧「実地棚卸し」となる数量減少が生じているため、「実地棚卸し」はとても重要となります。もっとも、乾燥期に仕入れた綿を多湿期に棚卸しすると、「簿記棚卸し」<「実地棚卸し」ということもあったりします。

経理・法律に関する情報

税理士田中先生のワンポイントアドバイス

会社が専門家に依頼して制作したロゴの取り扱い
個人事業主に人気のマイクロ法人とは

(2024年4月30日掲載)

ご存知ですか?この情報

相続税対策に使える保険1/2
相続税対策に使える保険2/2

(2024年4月30日掲載)

休業日のお知らせ

ページの先頭へ