会計ソフト経理・法律に関する情報税理士 田中先生のワンポイントアドバイス

個人の預金通帳

掲載日2017年2月21日

税務調査や税務署からの照会で、預金通帳の提示を求めれることがあります。

通帳は個人資産に関するプライベートな情報が記入されているわけですから、できれば見せたくないものです。そのため、個人情報だという理由で通帳の提示を拒否する方もおられます。

個人情報の保護を謳う個人情報保護法では、例外規定(国等の捜査に対する除外規定)として金融機関の課税当局への預金情報の開示を認めています。

そのため、個人が通帳の提出を拒否した場合、課税当局は金融機関から預金情報を入手することができます。

経理・法律に関する情報

税理士田中先生のワンポイントアドバイス

会社が専門家に依頼して制作したロゴの取り扱い
個人事業主に人気のマイクロ法人とは

(2024年4月30日掲載)

ご存知ですか?この情報

相続税対策に使える保険1/2
相続税対策に使える保険2/2

(2024年4月30日掲載)

休業日のお知らせ

ページの先頭へ