会計ソフト経理・法律に関する情報税理士 田中先生のワンポイントアドバイス

ディーゼル車と消費税

掲載日2017年4月4日

最近、一部自動車メーカーの販売戦略の影響もあり、ディーゼルエンジンの乗用車が売れ行き好調のようです。

事業用の車両をガソリン車からディーゼル車へと買い換えた場合は、燃料(軽油)代の消費税処理に少し注意が必要です。

理由は、ガソリンスタンドで給油した軽油代に含まれている軽油税は、非課税取引とされているからです。そのため、ガソリン代と同じく支払総額を税込仕入金額として処理すると、仕入税額控除が過大となってしまいます。

ガソリンスタンドが発行する領収書には、「軽油税に消費税は加算されません」と書かれていたりするのですが、見落とされている方も多いようです。

なお、消費税の「免税事業者」や「簡易課税の適用事業者」である場合は、影響がないので気にされる必要はありません。

経理・法律に関する情報

税理士田中先生のワンポイントアドバイス

会社が専門家に依頼して制作したロゴの取り扱い
個人事業主に人気のマイクロ法人とは

(2024年4月30日掲載)

ご存知ですか?この情報

相続税対策に使える保険1/2
相続税対策に使える保険2/2

(2024年4月30日掲載)

休業日のお知らせ

ページの先頭へ