会計ソフト経理・法律に関する情報税理士 田中先生のワンポイントアドバイス

「年」と「年度」の違い

掲載日2017年5月16日

「年」とは1月1日から12月31日までの1年間、つまり暦年のことを指します。一方「年度」は、暦年とは異なる区分で定めた期間のことを指します。

年度の期間で一般的なのは、「4月1日 〜 翌年3月31日」までを1年間とした区切り方です。国や地方自治体の会計年度は、この区分を採用しています。

「4月1日 〜 翌年3月31日」までを事業年度にしている会社の多くは、国等の公的機関に会計年度を合わせた方が都合がいい、との理由があるようです。

官公庁へ提出する書類について「年」と「年度」の違いを見てみると、平成30年2月は、「年」では平成30年となり、「年度」では平成29年度となるわけです。

経理・法律に関する情報

税理士田中先生のワンポイントアドバイス

会社が専門家に依頼して制作したロゴの取り扱い
個人事業主に人気のマイクロ法人とは

(2024年4月30日掲載)

ご存知ですか?この情報

相続税対策に使える保険1/2
相続税対策に使える保険2/2

(2024年4月30日掲載)

休業日のお知らせ

ページの先頭へ