会計ソフト経理・法律に関する情報税理士 田中先生のワンポイントアドバイス

東京五輪中は宿泊税を免除へ

掲載日2018年6月12日

東京都は、現在、1人当たりの宿泊料金が1万円以上1万5千円未満では100円、1万5千円以上では200円の宿泊税を課しています。本税は、法定外目的税として、東京都の条例で定められています。

納税は、宿泊施設が宿泊税を宿泊客から徴収して都へ納付することになります。

東京都は、この宿泊税を2020年東京五輪・パラリンピック期間中は免除する方針を決めました。

東京五輪・パラリンピックのおもてなし政策の一環としての位置づけで、東京を訪れる観客や大会関係者らをもてなす姿勢を示すことに狙いがあります。

6月開会の東京都議会定例会に条例改正案を提出する運びとなります。

税理士田中先生のワンポイントアドバイス
(経理・法律に関する情報)

源泉所得税の納付が遅れると

(2018年8月7日掲載)

ご存知ですか?この情報
(経理・法律に関する情報)

改正民法「配偶者居住権」導入後の遺産分割計算はどうなる
自筆証書遺言を取り巻く改正

(2018年8月1日掲載)

ページの先頭へ