会計ソフト経理・法律に関する情報税理士 田中先生のワンポイントアドバイス

帳端の売上計上漏れにご注意!

掲載日2019年3月20日

「帳端」とは、帳面の端からきた言葉です。

売上の締め日が月末以外であれば、締め日から月末までの期間の売上は翌月の請求へまわされます。この翌月請求へとまわされた期間を経理では帳端と呼んでいます。

個人事業者の所得税の確定申告は、1月1日から12月31日までの期間が対象です。締め日を20日にしていれば、12月21日から12月末日までの期間の売上に対する請求は翌年の1月へとおくられます。

確定申告では未収の売上高を計上する必要があるため、年末の帳端売上が計上もれとならないよう注意が必要です。

税務調査では、個人法人に限らず帳端はよくチェックされるポイントです。

税理士田中先生のワンポイントアドバイス
(経理・法律に関する情報)

領収書がないと経費にできない?

(2019年4月15日掲載)

ご存知ですか?この情報
(経理・法律に関する情報)

金額が記入されていない領収書の取り扱い
中国における個人所得税法の改正に注意

(2019年4月1日掲載)

ページの先頭へ