会計ソフト経理・法律に関する情報税理士 田中先生のワンポイントアドバイス

申告漏れの多い太陽光発電

掲載日2023年5月31日

クリーンエネルギーへの関心は年々高まり、今では自宅の屋根にソーラーパネルを設置して太陽光発電を実践されている家庭も随分多くなりました。

太陽光発電で得た売電収入は所得として申告する義務があります。一般的に自宅の屋根に個人で太陽光発電パネルを設置した場合は「雑所得」に分類されます。

事業として取り組んでいる方や不動産(建物)の賃貸物件の屋根に載せた場合は、それぞれ「事業所得」、「不動産所得」に区分されます。

売電収入から必要経費を差し引いた所得金額が 20万円を超えた場合、所得税の確定申告をする必要があります。また他に所得があって確定申告をする義務があれば、金額に関係なく太陽光発電分も含めて申告をします。

また、市・県民税については20万円を超えていなくても申告を行う義務があるため、毎年申告が必要となります。

この点はあまり知られていないのか、実際のところ申告漏れが多いのです。

経理・法律に関する情報

税理士田中先生のワンポイントアドバイス

会社が専門家に依頼して制作したロゴの取り扱い
個人事業主に人気のマイクロ法人とは

(2024年4月30日掲載)

ご存知ですか?この情報

相続税対策に使える保険1/2
相続税対策に使える保険2/2

(2024年4月30日掲載)

休業日のお知らせ

ページの先頭へ