会計ソフト経理・法律に関する情報税理士 田中先生のワンポイントアドバイス

為替リスク対策

掲載日2023年9月30日

輸出入取引があると為替変動による為替リスクが気になります。海外との取引において「円建て」にすれば為替リスクは回避できますが、そのためには例えば他社ではできないオンリーワンの製品を製造しているとか、取引上の優位性がなければ難しいと思われます。

外貨建て取引で生じる為替リスク回避に為替予約はよく利用されていますが、次の対策もよくとられています。

1.為替マリー

マリー(Marry)とは、「相殺する、融合させる」という意味で、同一外貨の売りと買いを結びつけることによって、為替持ち高を相殺することをいいます。

輸出入を行っている場合に双方を別々に決済せず、支払と受取条件を調整して金額と決済時期を一致させます。これなら通貨売買取引を行わないため銀行へ払う為替手数料を減らすことができます。

また、インパクト・ローンを利用して外貨を借入れて輸入代金の支払いに充て、後に入手する輸出代金の決済外貨をもって外貨の受け払いを相殺する方法も為替マリーの一つです。

2.メーカーズリスクの取り決め

商社が介在しての海外取引であれば、商社との間で為替相場の変動範囲を取り決め、その変動範囲を超えた場合の取り扱いはどうするのか、を契約書に明示しておきます。

具体的には、「メーカーが負担する」、「商社が負担する」、「双方が折半する」「メーカーが〇〇割、商社が△△割負担する」といった内容になります。

経理・法律に関する情報

税理士田中先生のワンポイントアドバイス

会社が専門家に依頼して制作したロゴの取り扱い
個人事業主に人気のマイクロ法人とは

(2024年4月30日掲載)

ご存知ですか?この情報

相続税対策に使える保険1/2
相続税対策に使える保険2/2

(2024年4月30日掲載)

休業日のお知らせ

ページの先頭へ