会計ソフト経理・法律に関する情報税理士 田中先生のワンポイントアドバイス

「でんさい」とは

掲載日2024年5月31日

慣れ親しんだ紙の手形は2026年に廃止予定とされています。手形の廃止後は現金決済や電子記録債権(でんさい)に移行する必要があります。

経済産業省は、現金化までの期間が長いという手形の欠点の改善につながる現金振込への早期移行を広報にてすすめていますが、現金振込への移行は取引先との関係から難しいケースも多いのが実情です。

現金振込に移行できない場合、手形に代わる新しい決済手段である「でんさい(電子記録債権)」の活用がおすすめです。

「電子記録債権」とは、手形のように紙ではなく電子記録により管理された債権で、電子債権記録機関と呼ばれる株式会社が、「電子記録債権の発生や譲渡、消滅などの記録や管理を行います。

電子記録であるため簡単に債権を分割して譲渡することもできます。実務では取引銀行を通じて「でんさい」の発生から決済までを行います。

経理・法律に関する情報

税理士田中先生のワンポイントアドバイス

「でんさい」とは
接待交際費の注意点

(2024年5月31日掲載)

ご存知ですか?この情報

新設法人が設立日からインボイス登録を受ける場合の注意点
取引先の破産と貸倒処理

(2024年5月31日掲載)

休業日のお知らせ

ページの先頭へ