会計ソフト経理・法律に関する情報ご存知ですか?この情報

消費税率10%への引上げ再延期

ご存知のとおり平成28年6月1日、安倍首相は平成29年4月1日に予定されていた消費税率10%への引上げの再延期を表明しました。

改めて消費税率10%への引上げ時期は、これまで引き上げ施行日とされていた平成29年4月1日の2年半後となる平成31年10月1日の予定とされました。今後は、今回の再延期のための法改正が進められることになります。

関心の高い軽減税率ですが、10%への引き上げ(再延期)の際に導入することが示されました。また、消費税率引き上げ時の経過措置についても、再延期に対応する形で期日の延期が見込まれます。

税理士 田中利征


外貨預金の為替損益

イギリスのEU離脱が大きな話題となっています。

決定を受けて、外貨の為替レートが大きく変動しており外貨預金をお持ちの方は多額の損失を出されている方が多いと思われます。

外貨預金へ投資をしていて複数の口座(外貨預金)をお持ちの場合、ある口座では利益が出ているが他の口座では損が出ているといったことはよくあります。こうした場合は、利益の出ている口座と損の出ている口座を一つにまとめ、損益を精算することができます。これを損益通算といいます。

また外貨預金は雑所得となりますが、外貨預金以外に他の雑所得があれば外貨預金と他の雑所得との間での損益通算も可能です。なお、株式投資や投資信託などは雑所得ではなく配当所得とされるため、外貨預金との損益通算はできません。この点は要注意です。

税理士 田中利征

税理士田中先生のワンポイントアドバイス
(経理・法律に関する情報)

まだ間に合う「消費税簡易課税制度選択届出書」
(軽減税率制度に関する特例)

(2019年7月16掲載)

ご存知ですか?この情報
(経理・法律に関する情報)

会社設立、資本金はいくらがいいの?
クラウドファンディングと課税

(2019年7月31日掲載)

ページの先頭へ